ビタミンC誘導体ってどんな物?

知られざるビタミンC誘導体の世界のmain画像

ビタミンC誘導体ってどんな物?

ビタミンC誘導体は、ビタミンCのデメリットをなくしメリットを増やした物です。

化粧品として使う場合は肌への浸透力も重要になります。

どんなに良い成分を配合していても、浸透しなければ化粧品としての意味もなくなってしまいます。

ビタミンCはそのままだと浸透しにくいのですが、ビタミンC誘導体という形にすることで浸透力が高まります。

さらに肌に吸収された後は本来のビタミンCに変わるので、肌内部のコラーゲンをサポートしたり、活性酸素を除去するという効果も期待できます。

ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性があります。

水溶性はその名の通り水に溶けやすく、脂溶性は油に溶けやすい性質があります。

最近は両方の性質を兼ね備えたハイブリッド型のビタミンC誘導体も登場しています。

使うアイテムによってビタミンC誘導体の性質も違ってきます。

化粧水には水溶性のビタミンC誘導体、クリームには脂溶性などタイプも違うので、どこに取り入れるかも考えておくといいかもしれません。

保湿力を高める効果も期待できるので、ライン使いですべてのアイテムにビタミンC誘導体を配合している物もおすすめです。

美白作用、抗酸化作用、保湿力を高める作用があるので、エイジングケア化粧品には必ずと言っていいほどビタミンC誘導体が使用されています。

化粧品に配合されている物を使うのもいいですし、原液を美容液として使うこともできます。

やはり、最初はビタミンC誘導体配合の美容液から始めてみるのがおすすめです。

いろいろな使い方ができますので、自分に合った方法を見つけてみましょう。